BRAVES チアリーディング

2012-10-21 in ブログ

みなさんこんにちは 院長の山本 徹です。

10月20日(土)前から一度見てみたいと思っていた、日本文理大学チアリーディング部 『BRAVES』の演技を見てきました。

なかなか日程と時間が合わず、いつか見たいなぁと思っていたのですが、今回、学祭でも公演があると知り、チケットを購入しワクワクしながら見に行きました。当日券はすでに完売しており、人気の高さがうかがえました。

見た感想は・・・すごい!!の一言でした。ジャンプの高さ、ダンスパフォーマンス、構成、そして笑顔。全てに全国上位レベルを感じました。大会とは違って学園祭だったので、ハロウィーンパーティをイメージした構成も非常に楽しめました。

ブレーブスJr.の演技も見事で素晴らしく、そしてかわいさもあり、孫の活躍に目がしらを潤ませる観客も周囲にチラホラ・・・こちらまで感動を分けていただきました。

今回の演技を見て一番強く感じたのは、チームワークの大切さでした。個々の演技力はもちろんですが、チーム内の信頼関係がなければ演技は色あせてしまいます。チームワークがあってはじめて演技の高さが引き立つのだと感じました。一人の演技ををチームが支え、チームを信頼して全力で演技をする。素晴らしいことです。そして毎日のたゆまぬ努力の成果が観客のほうまで伝わってくる、こんな体験は初めてでした。

いろんな意味で勉強になりました。、すっかりファンになりました!来年の学園祭も見に行きたいです。

ブレーブスの皆さん、ありがとうございました。そして今後ますますの活躍を期待しております。