診療科目

小児歯科
当院では小児の診療も行っております。
小さい頃のブラッシングや予防処置が、今後のお子さんのお口の環境を整えていくため、とても大事になってきます。
小さいお子さん、歯医者さんが怖いお子さんもいらっしゃると思いますが、なるべく歯医者さんへの恐怖心を与えないように無理な治療は極力控えるようにしています。
泣いてしまうお子さんはまず、歯医者さんの道具に慣れながら、椅子に座って、お口を開けられるようにしていくことから、スタートしていきます。
本院では、予防処置にも力を入れています。
子供の歯はとても虫歯になりやすく、次に生えてくる永久歯に影響を与えることもあります。積極的にフッ素を取り入れて、なるべく虫歯にならないように、フッ素塗布を実施しています。
知覚過敏
冷たい飲み物を熱い飲み物を飲んだ時、歯磨きのときに一時的に歯が痛むなどの症状はありませんか?
よく見ても虫歯ではなく、どうしたらいいのか、困ってしまいますね。
このような症状の場合、知覚過敏を起こしている可能性があります。
【原因】
歯の表面が削れて歯根が露出することで、しみる症状が出てきます。強いブラッシング圧や、夜寝ている間に歯ぎしりをする方などは、歯に負担がかかりやすく歯根が露出しやすくなります。また、歯周病で歯肉が下がったり、歯根を覆っていた歯石を取った後に、一時的にしみる症状が出たりします。
【治療方法】
・歯磨き剤の選択
知覚過敏対応の歯磨き粉で歯磨きをします。フッ素入りの歯磨き粉でも効果があります。軽症の場合はこれだけでも効果があります。
・薬を塗る
歯の象牙質に薬を塗ることで刺激が遮断します。数回の塗布が必要です。
・詰めものを詰める
歯の表面が削れていたり、損傷が大きい場合は詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぎます。
・神経の処置
残念ながら、重症の場合は歯の神経の処置をします。歯の神経を抜くと歯はもろくなってしまうため、最終手段として用いられます。

予防処置
お子さんの歯はとてもやわらかく、お子さん自身での歯磨きだけでは虫歯になるリスクが高くなります。
正しい歯磨きの方法や、保護者の方の仕上げ磨きがとても大切です。
また、お子さんの歯そのものを強化するために、定期的なフッ素の塗布をお勧めしています。
【お子さんと一緒の歯磨き指導】
小さいお子さんは、ある年齢になると一人で歯磨きをしたがります。しかし、子供の手だけではきちんとした歯磨きをすることは困難です。当院では、衛生士がお子様と一緒に汚れのつきやすい場所のチェックと、歯ブラシの仕方を確認していきます。
【フッ素の塗布】
フッ素を塗布することによって、エナメル質表面にフッ化カルシウムが沈着し、 フルオロアパタイトを生成することで、歯質の耐酸性が増加し、虫歯菌の酸によって歯を溶けにくくします。通常年2~4回が理想的です。虫歯のリスクが高いお子さんにはこまめに塗布することをお勧めします。
【大切な乳歯】
乳歯はとても重要です。どうせ生え変わるものだからといって放置しておくと、 後から生えてくる永久歯の向きが変わってしまったり、乳歯の虫歯がうつってしまいます。
【大切な6歳臼歯】
生えてきたばかりの6歳臼歯(一番奥に最初に生えてくる永久歯)は生えてきたばかりのときは、 手前の歯よりも低い位置にあり、歯ブラシが届かないことがあります。歯質がやわらかく虫歯になるとあっという間に大きくなってしまいます。この歯は、永久歯のなかで一番大きく、かみ合わせや歯並びの基準になる歯です。 よく磨いて大事にしていくことが必要です。
 
 

ホワイトニング
ホワイトニングとは
本院では専用のマウストレーを作製し、家で行うホームホワイトニングを採用しています。歯を削らないため、痛みもなく手軽に行えます。ブライダル前や年齢による黄ばみなど、あと少し、白かったら…、と考えられている方の、お手伝いを致します。 数週間の使用で口元に自信を持つことができるようになります。(個人差や歯によってはホワイトニングが難しい方もいらっしゃいますので、詳しくは診察してからになります)
費用
片顎 一万円+税 (マウストレー + ホワイトニングジェル1本)
追加ジェル 2000円
当院でのホワイトニング症例
ジェルは夜間就寝時、または2時間以上装着します。期間の目安は約2週間です。
詳しいことは お気軽にお問い合わせ下さい